財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

発見!人間力

放送ラインナップ

  • 「音楽は音『学』ではなく、音を『楽』しむもの!」パーカッション奏者・北沢マロさん(43歳)の原点です。高橋真梨子さんなど数多くの著名アーティストのバックバンドで活躍する傍ら、数年前に拠点を東京から故郷...
  • 石和温泉郷で知られる山梨県笛吹市内のリハビリテーション病院。ここに車いすで忙しく働く女性がいます。小池早由里さん(41歳)。県内で初めての車いすの看護師です。小池さんが突然の胸椎くも膜下脳腫で胸から下...
  • 燃料高騰で脚光を浴びるバイオ燃料。なかでも、食糧価格の高騰を引き起こさない「使用済みてんぷら油」を原料とするバイオ燃料は、バイオ燃料の中でも優等生です。しかし、和歌山のあるまちでバイオ燃料の取り組みが...
  • 日本の伝統工芸である仏壇。中国製品の台頭、仏壇生産数の激減、後継者不足などから、日本各地の仏壇産地は衰退の一途をたどっています。信仰心の厚い愛知県の三河で、300年以上の伝統を誇る三河仏壇もまた同じで...
  • 国宝平等院鳳凰堂の装飾、大原三千院往生極楽院の天井画壁画を調査復元した馬場良治さん(59歳)は文化財建造物・装飾復元の第一人者です。創建当時、鳳凰堂には色の濃淡で広がりを感じさせる繧繝(うんげん)が施...
  • ジャズをアレンジした演奏で街の人々の笑顔を誘う、岡山県のちんどん屋家族“ちんどん彩乃也(さのや)”。今、家族が計画しているのは障害をもった子供達の養護施設を訪れ“ちんどん”を奏でる『慰問ちんどん』と『...
  • 2004年、山形交響楽団にやってきた飯森範親さん(45歳)は、日本やヨーロッパ各地を舞台に活躍している若手のカリスマ指揮者です。もともと王侯貴族たちの趣味が起源といわれるオーケストラ芸術は、歴史が深い...
  • 北国青森の海にサンゴがいます。「ムツサンゴ」は約70年前に青森県の陸奥湾で発見されたことからその名が付きました。氷河期の時代から、寒い海でも適応できるように、進化していった「北国のサンゴ」です。水深2...
  • 大分県宇佐市の田畑の中に、ポツンと建つ建物。それが、金丸佐佑子さんの主宰する「生活工房 とうがらし」です。工房の名前は、金丸さんのお母さんがよく言っていた「唐辛子が育つ家は栄える」というところからつけ...
  • 大分県豊後高田市に江戸時代中期から伝わる民俗舞踊「草地おどり」。この「草地おどり」を伝承しているのが「草地踊り保存会」に所属する一般女性です。約20人いる踊り子は、10代後半から30歳までの若い女性で...