財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

発見人間力

放送ラインナップ

  • 太平洋戦争で住民の避難壕そして日本軍の病棟などとして使われていた自然壕…通称・ガマ。暗闇の中で敵に怯え、死んでいった悲惨な出来事を今に伝える平和ガイド上原幸典さん(62歳)に密着。本土からの修学旅行生にガマの中で追体験してもらうことで戦争の恐ろしさ平和の尊さを伝えている。(琉球放送 制作)
  • 鳴門海峡に面した島の小学校の休校までの物語。最後の卒業生は田中大志くん一人だけ。6年生になった時点で、国語の力は低学年レベル、そんな田中くんが一大決心する。それは、島に伝わる戦争の悲劇を題材にした朗読劇の上演。頼りにしていた上級生はもういない。支えたのは担任の村松由丈先生(42歳)。2人で階段を1段1段上りながら、朗読劇、そして、卒業というゴールを目指した。(四国放送 制作)