財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

生きる×2

放送ラインナップ

  • 愛媛県西予市城川町。山々に囲まれた小さな小さな美術館で開催される「第12回かまぼこ板の絵展覧会」。全国から3万枚のかまぼこ板と3万人の人々が集まります。展覧会の生みの親は、この地で生まれ育った浅野幸...
  • ◇第4回中映協映像コンテストで入賞!◇ 三重県四日市市の前田良伸さん(70)は28歳の時、職場のタンカー船で事故に遭い右足膝下15センチを失いましたが、義足を付けて定年まで働き、奥さんと2人の子供を...
  • 「無精ひげにぞうり姿」のムラさんこと岡村修さん(58)は福岡県宗像市に住む一級建築士です。ムラさんの家づくりは、取り壊される古民家を「無料で解体する代わりに木を頂戴」と無料入手することから始まり、依...
  • かつて金物の産地としてにぎわった新潟県三条市で唯一、玄翁(金槌)を作っているのが馬場正行さん(57)です。全国でも玄翁の作り手として名高い馬場さんは、大工が惚れ込む玄翁を作る鍛冶職人として知られてい...
  • 映画・舞台・テレビ等で、存在感のある個性的な脇役を演じる梅津榮さんは78歳。富山県朝日の出身で戦後まもない25歳の時に上京し、俳優木村功の付き人をしながら演劇を学びました。社会の底辺でたくましく生き...
  • ◇第44回ギャラクシー奨励賞受賞!◇ 大人しく控えめな専業主婦の濱田薫さん。姑の介護や親戚付き合いなどで大きなストレスを抱え、鬱状態になってしまいます。そんなある日「自分が変わらなければ」と思い立ち...
  • 高知県須崎市浦の内に、競走馬を引退した馬のための牧場があります。運営しているのは浜脇敬弘さん、71歳です。もともと馬が大好きだった浜脇さんですが、強いものだけが生き残り、弱いものは淘汰されると競馬の...
  • ◇リメイク版が2007年日本民間放送連盟賞テレビ教養番組部門で優秀賞受賞!◇ 古都鎌倉。毎年冬になるとこの町に、リヤカーをひいて焼き芋を売り歩く老夫婦がやってきます。山形県山辺町に住む吉田政男さん(...
  • 子どもたちの真剣な眼差しの先にあるのはOHPスクリーン。映し出されているのは地域の民話。炎の揺らぎ、水の流れ、みるみるうちに大きくなってゆく大蛇。いろんな仕掛けが施されたOHPシートで、映像が生き生...
  • 島根県伝統の「石見(いわみ)神楽」に魅せられて70年の船津翁(85)は、かつての熱烈な神楽笛奏者で、今は貴重な指導者として知られています。通称「笛おじさん」は、かねてから神前奉納の舞、「神楽」が後継...