財団法人民間放送教育協会皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

テレビ・ラジオ番組

HOME > テレビ・ラジオ番組 > ラジオ番組 > 番組からのお知らせ > 「生きる×2」より「ずっと子供と・・」が1時間のリメイク番組でギャラクシー賞 2006年奨励賞受賞!

「生きる×2」より「ずっと子供と・・」が1時間のリメイク番組でギャラクシー賞 2006年奨励賞受賞!
 

生きる×2

「ずっと子供と~98歳現役園長~」

(一時間のリメイク作品「ずっと子供と~99歳現役園長~」として受賞)

2005年4月17日放送 RKB毎日放送制作


就学前の知的障害児が通う『しいのみ学園』の園長・曻地(しょおち)三郎さんは、今も現役で毎朝の朝礼から模範授業、土日の講演会まで精力的に日々を過ごしています。自分の子供が小児マヒを患い、その子のために、と私財を投じて学園を立ち上げました。以来50年ずっと子供たちと一緒、教育に身を捧げています。今最も力を入れているのが、中国での障害児クラスの開校です。福岡で曻地先生に教えを請うた留学生が橋渡しとなり、何度か中国にも出向き、開校にこぎつけました。『小さきは小さきままに 折れたるは折れたるままに コスモスの花咲く』障害を持つ子の親として曻地さんの想いです。そして、「いかなる子供もその心の奥底には、伸びていく美しい芽を持っている」と曻地さんは言います。いまだ現役として教育に生涯を捧げる曻地三郎さんの生き様を追います。




▲ページTOP

財団法人民間放送教育協会