財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

平成22年10月26日に山口放送による「民教協番組を使用する小学校授業支援」
事業の第2回が実施されました。

-

平成22年10月26日に山口放送による「民教協番組を使用する小学校授業支援」事業の第2回が実施されました。
対象は5年生で、総合授業に組み込まれています。
第1回は、10月22日に山口放送制作の「発見!人間力 甦る平安の彩」を視聴し、生徒から制作意図等の質疑応答でした。
第2回の今回は、「デジタルカメラを使ったワークショップ」授業でした。1組3~5人の班にデジタルカメラ1台を渡し、自分たちの「学校自慢」を撮影し、1枚を選び、キャッチコピーを付け、発表するというものでした。
それに徳永ディレクターが講評・アドバイスをしました。
各班とも発想が素晴らしく、コピーも的を射ている物ばかりでした。



この後、「山口の海」(15秒)の映像を子どもたちに見せ、色の明暗・音楽の選定により、どれだけ印象が違ってくるか、ということを教えました。
前半のカメラ、後半の映像と流れる様に続き、子どもたちを90分間飽きさせず、メディアリテラシー授業を行ったスタッフの皆さんの努力・力量に感心いたしました。



この授業は、山口放送の赤尾会長、「発見!人間力」の提供を始め、民教協に協賛を頂いている中央出版からもお二人、始めから終わりまで参観されました。

山口放送 第3回目の授業は、11月15日・11月26日と2クラスで分け、子どもたちが実際に地域の人やものをPRするCMを制作することになっています。








※写真をクリックすると拡大して見ることが出来ます。
                                                                  (民教協事務局) 

放送スケジュール