財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

学びEye!

放送ラインナップ

  • manabi24_thum.jpg
    今回の舞台は富士山の北側に位置する富士北麓地域。富士山に降る雨や雪が富士山の溶岩地層に染みこみ数十年かけて湧出する「伏流水」が豊富な地域です。地元の人々は、この「水」を巧に生活に取り込み、独自の食・文化・歴史を築き上げてきました。その裏には富士の麓の厳しい寒さや、富士山の溶岩が流れ出て作物が育ちにくいという環境下の中、その環境を逆手にとって生きる、人々の日々の知恵がありました。山梨が誇る絶景の富士山映像と絶品の食の魅力に迫ります。(山梨放送制作)
  • manabi22_thum.jpg
    雄大な富士山と、箱根の険しい山、豊かな自然――。江戸時代から宿場町として、そして湯治の場として栄え発展してきた日本有数の観光地・箱根町。箱根の人々は長い間、遠方から訪れる旅人を迎え入れ接待し続けてきました。そんな歴史の中、脈々と受け継がれ伝えられてきたのが"おもてなし文化"です。箱根にやってきた旅人を、心を込めてもてなし、癒やし、楽しませる。日々雄大な富士の姿を望み、旅人と共にある暮らしの中で育まれてきた心です。その最たるものが、手間ひまかけて作られる食べ物の数々。箱根でしか食せない、絶品の食を紹介していきます。(テレビ朝日制作)
  • manabi21_thum.jpg
    世界最大級のブナ原生林が広がる世界自然遺産・白神山地。およそ8千年前から続く自然の営みが手付かずのまま残されています。白神の森は天然のダムと呼ばれるほど保水力に優れています。雪解け水や雨水を蓄え、多くの動植物の命を育んできました。だから山菜やきのこなど、森の恵みは四季を通じて豊富です。里に暮らす人たちは森を敬い、恵みを美味しく頂く工夫をすることで、感謝を表してきました。白神山地がもたらす豊かな恵みを、山と川と海を通して学びます。(青森放送制作)
  • manabi20_thum.jpg
    大分県別府市は全国屈指の"温泉"観光都市で湧出量、源泉数は"日本一"。年間1000万人の観光客が訪れます。別府は8つの地域で、それぞれ特徴のある温泉が湧き出ており「別府八湯」と呼ばれています。そのひとつ「鉄輪(かんなわ)温泉」は大小200の旅館、宿が連ね、長く逗留する湯治客が多いのが特長です。湯治客は温泉の噴気を利用した"地獄蒸し"で自分達の食事を作ります。心も体を癒される目からウロコの「蒸し調理テクニック」をご紹介します。(大分放送制作)
  • manabi19_thum.jpg
    岩手県沿岸地方は、北から陸奥、陸中、陸前と呼ばれ、まとめると「三陸」という名になります。類稀なる海岸美を誇る《陸中海岸国立公園》。暖流と寒流がぶつかり合う三陸沖は、《世界三大漁場》の一つ。また、山が海寸前まで迫り、栄養豊かな川水が直接流れ込むため、ウニ、カキ、アワビ、海草などの生育に最適です。そんな豊かな三陸の海を変貌させたのが、3月11日の「東日本大震災」でした。震災からの6か月間で見えてきた、岩手・三陸の地が持つ<食>の力に迫ります。(IBC岩手放送制作)
  • manabi18-2_thum.jpg
    信州・安曇野は、ドラマ「おひさま」の影響もあって、いま大きな注目を浴びています。連日多くの観光客が訪れ、大自然の恵みに触れ、そして安曇野のとりこになります。そんな北アルプスのふもと、安曇野で暮らしてきた人たちを支えてきたものが、水でした。安曇野の人々は、水を力で治めるのではなく、水の自然な流れに寄り添うように、暮らしを発展させてきました。安曇野の食文化や暮らしぶりを紐解きながら、水を尊び、謙虚に生きることの大切さを学びます。(信越放送制作)
  • manabi17_thum.jpg
    モモは木の上に実る物を収穫。そして採りたてを洗い皮のまま食べると、新しい味に出会います!山梨では当たり前ともいえる食べ方の秘訣です。夏を迎え、旬の果物がおいしい季節。その果物の生産量、品質ともに国内トップクラスにあるのが山梨県。ブドウ・桃・スモモの収穫量は常に全国一位。モモに至っては全国の約35%が山梨産です。そう、山梨は、この季節「果物王国」に様代わりします。今回は、山梨から、「夏の果物大全」。ひと味違う学びをお届けします。(山梨放送制作)
  • manabi16_thum.jpg
    全国的なラー油ブームのきっかけとなった「石垣島ラー油」。作ったのは、石垣島に移住して12年の辺銀(ペンギン)暁峰さん愛理さん夫婦。家庭で楽しむために作ったラー油でしたが、地元のお年寄りと親しくなるにつれ、自然に恵まれた石垣島の様々な食材を教わりました。ふたりはそんな親しくなったお年寄りの彼らに長寿の"あやかり"として島の食材を託し、「石垣島ラー油」に思いを込めています。(琉球放送制作)
  • manabi15_thum.jpg
    山形県のほぼ真ん中に位置する「月山」は、真夏まで雪が残る豪雪の山です。この豊富な雪は特別な「山の恵み」を里人にもたらします。この山の恵みを一年間おいしくいただく名物料理が月山のふもと・西川町にありました。山菜たっぷりの鉄鍋に冷たいおそばをつけた「月山山菜そば」です。月山は山岳信仰の地・出羽三山の主峰。登拝口には参拝者をもてなすために山菜料理が磨かれてきた歴史がありました。12年に一度の卯歳御縁年を迎えた月山と里人たちの食文化に学びます。(山形放送制作)
  • manabi14_thum.jpg
    鳥取県境港市は、マグロとカニなど海産物の水揚げ港として歴史ある街です。しかし、現在は、ゲゲゲのストリート「水木しげるロード」の知名度が抜群です。水木しげる先生が特別出演、故郷のゲゲゲのストリート成功の秘密、そして、日本の食についても語ります。
    (山陰放送制作)