財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

日本のチカラ

放送ラインナップ

  • 鳥取県倉吉市に本社を置くハンドバッグ企画販売製造会社「バルコス」は東京の大手百貨店をはじめ全国の多くの百貨店で商品が取り扱われ、海外のショールームでも商品展開するグローバルメーカー。会社は社長の山本敬...
  • 8月、大原漁港で最盛期を迎えるという。それが・・・「イセエビ」 生の刺身でも、焼いても、濃厚で味わい深い甘みが口の中に広がります。 「イセエビ」といえば、三重県の伊勢灣のイメージがありますが、実は、...
  • 岐阜県山県市の山あいにある「田中金属製作所」は、水道の金属部品を加工する町工場です。 5年前取引先の廃業などで会社存亡の危機を迎えたものの、起死回生の製品としてシャワーヘッドを開発。節水能力と超微粒な...
  • 岡山県岡山市北区建部町(たけべちょう)にある小坂田建設(おさかだけんせつ)。山間の町のどこにでもありそうな建設会社なのですが、建設業だけじゃないあるサービスを始め、話題になっています。それは「木の伐採...
  • 四国の南に位置する高知県。眼前に広がる太平洋・土佐沖の海で採れる「宝石」があります。昔から「金・銀・珊瑚・綾・錦」と、宝物のひとつに数えられてきた宝石サンゴです。土佐沖で採れる「血赤サンゴ」と呼ばれる...
  • マッシュルームは、炭火焼や、生で食べられるって知っていましたか?実は、パスタ、ピザ、グラタンにチラリと存在するだけの脇役ではなかったのです。 今年2月、岩手県八幡平市のジオファーム八幡平で、マッシュル...
  •  鳥取県米子市で「氷温」という技術が生まれました。この「氷温」という技術は、今から45年前、山根昭美さんが梨の長期保存の実験を行う中で、偶然、発見しました。氷温とは、冷凍以上、冷蔵以下の間の世界のこと...
  • 福島県の川俣町はかつて薄手のシルクの産地として栄えていました。その歴史は古く、約1400年前にシルクが伝承されたと言われ、明治時代になると海外への輸出が盛んになりました。欧米の繊維業界ではKAWAMA...
  • 昭和の面影が残る下町、東京・墨田区。高度経済成長期にはおよそ9700件もの町工場が軒を連ねる「ものづくりの町」でした。しかし現在では、3000件ほどに激減。 その原因は景気の低迷や後継者不足などです。...
  • 沖縄の北部 国頭村でヤブ椿のオイルを使ったスキンケア商品がある。作っているのは田島勝さん(60歳)。田島さんの本来の職業はキャリア40年の理髪師だが、幼い頃から生まれ故郷の与那国島で自然の植物や薬草に...