財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

文部科学省後援「小学校授業支援事業」
(メディアリテラシー授業)

小学校授業支援事業は、「未来を担う子どもたちの育成事業」として、平成21年度からスタートしました。3年目の平成23年度からは、小学校授業支援事業として、文部科学省後援の事業となっています。

民教協加盟放送局が各地域の教育委員会と連携しながら、小学校の校長、担当教員の協力を得て、授業時間を使っての一連の授業として基礎を築いてまいりました。

授業においては、テーマに対する視点をもとに、役割の体験、メンバーとの意見交換等の体験により、メディアの仕組みを理解しながら積極的に行動している生徒の様子が、指導した放送局のスタッフ、担当教員の皆さまにも実感されています。

小学生を対象としたメディアリテラシー授業は、子ども達がテレビなどのマスメディアに対するのみならず、インターネットにあふれている文字情報、動画サイトの映像情報などの本質を理解し、メディア情報を選別できる能力を身に着けていく一助にもなります。一方、民教協加盟放送局はこの事業を仲介として、放送事業者として問われている地域社会貢献への取り組みにかかわり、担当スタッフは改めて自らの仕事を振り返る機会ともなっています。