財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

北海道放送(平成26年度)

HBCアナウンサーによる読み聞かせ

【全体概要・目標など】

年度内10回、札幌市内の小学校に出張し、若手アナウンサーが読み聞かせを実施。 子どもたちに"プロの技"を感じてもらうと同時に、アナウンサー側も子どもたちの反応を直に感じる経験を通してアナウンス・スキルのアップを目指します。 また読み聞かせ後に、各小学校の図書館ボランティアのお母さんを対象に、ベテラン・アナウンサーが読み聞かせのコツなどをレクチャーし、簡単なクリニックも実施します。

【担当者の感想など】 各アナウンサーのブログから(抜粋)

*読んだ作品は、北海道出身の絵本作家たかどのほうこさんの「みどりいろのたね」。 ちょっぴり切ない部分もありますが、全体的にほのぼのしていて楽しい作品です。読み聞かせの途中で絵本を映した画面に見入っている子、真剣な表情の子、私の姿もちらちら見ている子、笑顔が弾けている子・・・みんなの姿が私の活力になりました。
(佐藤 彩)

*視聴覚教室に入ってきた小学一年生たち、キラキラした目でまっすぐ見つめてきます。そして、その目はこう言っているように見えました。「このお姉さん・・・だれ?」先生が私のことを紹介すると、今度は興味津々の目に!目の前にいるみんなを楽しませてあげたいと思いました。絵本をめくり、読むたびに「わあ!」とか「へへー!」と反応が返ってきます。なんて可愛いんだ・・・お姉さん頑張っちゃう。読み終わった後、感想を言いたいと自ら手を挙げて私に言いに来てくれました。とくに嬉しかったのは、「楽しかったから、また絵本読みに来てね」の言葉!みんなありがとうね。  (大栗麻未)

【担任・生徒の感想】

  • 話が聞き取りやすくて、よくわかった。表現がすごかった。
  • ハキハキしてて聞きやすかったし、お話の中に入れて楽しかった。
  • 今まで聞いた読み聞かせ会で一番良かったし音色が登場人物に近かったのでよかった。