財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

北日本放送(平成28年度)

【活動名】KNBアナウンサーによる読み聞かせ会
【実施期間】平成28年6月~平成29年3月
【実施回数】11回

  • 事業実施の成果・課題
  • 読み聞かせイベントを通して、子供たちにとって楽しい時間を提供することができた。KNBいりふねこども館での行う読み聞かせ会は地域の人気イベントにもなり、未就学児童の情操教育、子育て支援にもつながっていると思う。 ニュースや番組の原稿、リポートなどの読み方の訓練だけでなく、イメージを膨らませたり、相手の様子を伺ったりしながら読むことはアナウンサー自身にとってアナウンススキルを高めるいい機会にもなっている。 イベントに参加する子供の年齢、時節などを考慮して活用する書籍を選ぶが、対象書籍の権利処理に時間がかかることがあるのが、課題になっている。

  • 担当者の感想など
  •  活用する絵本や書籍の場面を子供たちにもわかりやすく伝えることが出来るよう、場面をイメージできるように読む訓練をして実施した。その事前準備の中で伝える訓練が出来たと思う。またこの訓練は、間の取り方や読むスピードの調整も意識するので、子供たちだけではなく、日頃番組進行やニュースを読むときにも役に立つ訓練だった。 活用する書籍は、担当者が選ぶ場合のほか、担当教諭が授業の参考になることから依頼されることもあり、学校の授業の事前準備につなげるとともに、授業とは一味違ったアプローチで作品の世界に触れる機会を作る作ることができた。

  • 担任・生徒の感想
  • ●授業で習ったことのある教材を利用して読み聞かせをしたときは、自分自身も読んでみたいと参加する児童もおり、一方的にアナウンサーが読むだけのイベントではなく参加型のイベントになって、より一層楽しめた。
    ●一つの作品を読み聞かせるという時間を通して、集中力を高めて聴く力が養われた。
    ●プロのアナウンサーが読むのを間近で聴くのはなかなか無い機会なので、声量、読み方、伝え方など勉強になったという感想が寄せられた。