財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

石巻市のイベント

平成24年度の第1回目は、残暑厳しいなか、8月30日に石巻市内にある石巻専修大学の構内で開催いたしました。 参加者はおとな10名、子ども56名の合計66名です。 イベントは3部構成で、第1部は保護者の方々を対象にした「子どもたちの心のケア」の講習会、第2部はアフリカの民話の朗読と、アフリカの伝統楽器の演奏、更に参加者全員での合奏のワークショップ、第3部はTBCアナウンサーによる絵本の読み聞かせです。
第1部の講習は、東京都内の聖路加国際病院の小児科医長である小澤美和医師により、「トラウマ」や「PTSD」といった用語の理解とその対応について、具体的な例も交えてお話がありました。

第2部は、始めにアナウンサーによるアフリカのガーナに伝わる民話「岩をたたくウサギ」の読み聞かせと、「コギリ」というガーナの伝統楽器による即興演奏が行われました。参加した子どもたちは興味深く熱心に、読み聞かせと演奏に耳を傾けていました。 続いてワークショップに移り、アフリカのリズムの間の取り方やコール&レスポンス(呼び交わし)の方法などについて、講師のチャンシーさんより空き缶やスティックを使ったレクチャーがあり、子どもたちも一緒に参加して、力いっぱいスティックで空き缶を叩いていました。子どもたちは体を動かすことが大好きのようで、ダンスを踊り出す子も出て会場は一気に盛り上がりました。

第3部は再びアナウンサーによる絵本の読み聞かせに移り、同時にスライドによる絵本のイラストの投影が行われました。 最後にLEDのキャンドル・ライトを参加者に配布し、点灯して、大震災の被災者の冥福と被災地の復興を祈りました。