財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

全国・地区大会情報

地区大会

平成23年度 四国・九州・沖縄地区研究協議会 大分大会

平成23年9月17日(土) 主管局 : 大分放送

日 時


 平成23年9月17日(土) 13:00~16:00

場 所


 大分県立芸術文化短期大学 大講義室


プログラム


 12:00  受付
 13:00  開会式
 13:20  学びEye!番組視聴・記念講演
 14:35  次年度主管局紹介・挨拶
 14:50  学びEye!トーク
 16:00  閉会式



【記念講演】

「美味しい低温蒸しと食のあり方」 講師:平山 一政(スチーミング調理技術研究会代表)

 大分県別府市は全国屈指の温泉観光都市で温泉の湧出量は日本一、年間1000万人の観光客が訪れます。別府は八つの地域で、それぞれ特徴のある温泉が湧き出ており「別府八湯」と言われています。
 別府八湯の一つ「鉄輪(かんなわ)温泉」は大小200の旅館、宿が軒を連ね、長く逗留する湯治客が多いのが特長です。湯治客は温泉の噴気を利用した地獄窯で、自分たちそれぞれで食事を作ります。「地獄蒸し」は温泉の蒸気を利用して食材を蒸す料理で油や灰汁が抜け、うま味が深くなります。
 別府市出身の平山一政(74)さんは蒸気エンジニアリングを専門とする技術者ですが、子どもの頃から地獄蒸しが身近にあり、その原理を利用して100℃以下の低温で蒸す調理法「低温スチーミング」を開発しました。
 番組では古くから鉄輪温泉に伝わる湯治文化と地獄蒸しを紹介し、平山さんが開発した低温スチーミングの理論と魅力に迫ります。


<<略歴>>  平山 一政(ひらやま・いっせい)

 1937年大分県別府市で生まれる。蒸気エンジニアリングを専門とする英国企業の技術職、早稲田大学システム工学研究所・食と地域環境研究室室長・客員研究員を経て、現在、スチーミング調理技術研究会代表。



【学びEye!トーク】

「楽しい大分の食卓」

 大分県は古くから「豊の国」と呼ばれ、風土と大地と歴史から生まれた豊かさは多くの『海の幸』『山の幸』を生み出してきました。  海の幸では全国初のブランド登録魚「関あじ」「関さば」をはじめ、「フグ」「城下かれい」などが全国的に有名で、山の幸では「乾しいたけ」は日本一の生産量を誇り、天然果汁の「カボス」は今が出荷の最盛期を迎えています。  『学びEye!トーク』では、「大分の食」「日本の食」を考えながら、「食文化」「食育」について話をすすめてまいります。


【パネリスト】

・日本エスコフィエ協会副会長            堀田 大 氏
・生活工房とうがらし主宰               金丸 佐佑子 氏
・別府大学客員教授                  辻野 功 氏


【コーディネーター】

・大分放送アナウンサー                海原 みどり



問合わせ


 大分大会事務局 
 〒870-8620 大分市今津留3-1-1
 TEL:097-553-2515 FAX:097-552-7814