財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

全国・地区大会情報

地区大会

平成25年度 北海道・東北・関東・甲信越地区研究協議会 宮城大会


日時


 平成25年6月1日(土)12:00開場/13:00開演(終演予定16:00)


場所


 仙台市民会館 小ホール


プログラム


【トークセッション】

復興へ~スポーツ・音楽のチカラ!

 震災から2年余りが過ぎた今、被災地に再び以前の笑顔が戻ってくる為には何が必要か。それは、決して物質的な支援だけでは成し遂げられません。
 スポーツや音楽の分野でも支援を続けるゲストと共に、「真の復興」について考えます。


   草野 大輔 /楽天イーグルスアンバサダー

   手倉森 浩 /元ベガルタ仙台ヘッドコーチ
           日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ 復興支援担当

   丸山 泰雄 /チェロ奏者
           仙台市出身 東京芸術大学卒

   宗貞 研 /公益社団法人 日本国際民間協会会 NICCO派遣看護師
           心理カウンセラー 子供の心のケア担当


【コーディネーター】藤沢 智子(TBCアナウンサー)


復興へ~食のチカラ!

 東日本大震災は人命やインフラだけでなく貴重な食文化にも危機をもたらしました。
そんな中、宮城伝統の食材「焼きハゼ」を守り続けている生産者の榊照子さんと、
民俗研究家の結城登美雄さんが、復興に「食」が果たす役割について語り始めます。
海の幸に恵まれた被災地沿岸部。その食文化を見つめ直す事で、東北の豊かな未来への
手掛かりを探ります。


   結城 登美雄 /民俗研究家

   榊 照子 /焼きハゼ生産者

【コーディネーター】大久保 悠(TBCアナウンサー)


【テレビ番組視聴】

「学びEye!伝統の焼きハゼを守れ!~仙台雑煮物語~」

(TBC東北放送 制作)


 伝統の仙台雑煮には欠かせないダシ「焼きハゼ」をめぐる物語。
舞台は宮城県石巻市です。被災地の中でも、とりわけ被災の大きかった長面(ながつら)地区。
誰も住んでいないふるさとで、今も焼きハゼをつくり続けている一人の女性がいます。
その陰には、彼女にしか作れないと云われる絶品のハゼの為に、支援を続ける人たちの姿がありました。
 全国屈指の豪華さを誇る仙台雑煮。そこには人と人とのドラマもぎゅっと詰まっています。


お問い合わせ


 TBC東北放送 宮城大会事務局(東北放送内)
 〒982-0831
 宮城県仙台市太白区八木山香澄町26-1テレビ局編成部内
 TEL:022-229-1912