財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

ご意見・ご感想

皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。お寄せ頂いたコメントには全て目を通しておりますが、必ずしも掲載されるものではございませんのでご了承ください。

※記入欄に、性別・年齢・お住まい(都道府県)もあわせてご記入ください(任意)。






 

皆様から寄せられたご意見・ご感想

  • カイノスケ さん
    『その他』へのコメント

    「嗣治からの手紙」の再放送の予定はありますか?
    ありましたら、是非、予定を教えて下さい。

    50代  男性

  • 世界中が戦争のない国に!! さん
    『その他』へのコメント

    藤田嗣治、
    まだまだ知らない事が
    沢山あるんだ!!
    目を伏せたい場面もあるが、
    友人が
    とても良かったと
    言っておりました。

    もし、再放送が出来るのなら
    お願いいたします。

    40代  女性

  • ひかげっち さん
    『日本!食紀行』へのコメント

    「黄金のいぶりがっこ」を拝見致しました。私も秋田県人です「県北」冬でも作れる作物を考える事は出来ないのでしょうか?雪を利用し共存出来る農業を。世界は広いし、TPPが始まるなら、海外を(日本の雪国も)視察し学ぶ事はどうでしょうか?私が思うに自分が良ければそれで良いという時ではないのでは?伝えたい事は沢山ありますが、国内外協力し、日本ブランドを世界に発信して下さい。また日本の農業高校や大学では何を教えているか、中高一貫校でも頑張って欲しいと願います。

    40代  男性

  • 体力勝負 さん
    『その他』へのコメント

    2月11日「 藤田嗣治からの手紙 」 
    戦争画を描いた画伯の、戦争への私見を知りたかったので視聴した。描くことに燃焼した画伯の、ある意味ではエゴの部分がわかった。戦後、日本を脱出して安堵した表情が、印象的だった。何よりもナレーターが大沢たかおさんだったので、安心して聴いた。また彼のナレーターで何か特集して欲しい。

    50代  女性

  • 二宮佳景 さん
    『その他』へのコメント

     2月11日放映の「嗣治からの手紙」。制作者側とはおそらく思想的には全く異なる者ですが、この度の番組の制作と放映に、心から敬意を表します。
     これまた制作者側の意図とは全く異なる感想になりますが、藤田嗣治が芸術家として全身全霊をかけて、大東亜戦争に挺身した姿に、心が震えるほどの感動を覚えました。彼は芸術家として、そして一人の日本人として、本気だったのですね。戦後、絵の署名を横文字に変えたエピソードからは、残された戦争画をあくまで「作品」と藤田が考えていたことが分かりました。文学における保田與重郎などもそうですが、戦争に協力したから、戦争に一国民として相対したから、彼らの文章や絵画、彫刻などの作品がすべて駄作であり、批評以前のものなのか。ならば、革命だ反戦だ天皇制廃絶だなどと叫んで、藤田や保田などを罵倒した左翼や進歩的文化人の作品がすべて優れたものであったのか。改めて、戦後の芸術に係る通念を根底から疑ってかからねばと思わされました。やはり戦争画を描いた中村研一への手紙ということで、藤田の率直な思いが手紙に書かれていたのも大変興味深いことでした。
     制作者側には全く面白くない、苦々しいだけの感想でしょうが、放送を拝見して、心からそう思いました。重ねて、この番組の制作者に、衷心より敬意を表します。

    40代  男性

  • もぐもぐ さん
    『その他』へのコメント

    「嗣治からの手紙」を見逃してしまいました。
    どうか、再放送をお願いします。
    もう少し、前から、どこかで、宣伝をしていただけたら、良かったのではないかと、残念です。
    よろしくお願いします。横浜在住

    50代  女性

  • 山元通宏 さん
    『その他』へのコメント


    嗣治からの手紙 を見損なってしまいました。再放送はありませんか?
    残念で仕方ありません。
    過去にも良い作品がたくさんあります。
    1回きりとはもったいないと思います。
    DVDはありませんか?
    再放送を希望します。よろしくお願い致します。
    東京 山元

    60代  男性

  • 青木 さん

    「嗣次からの手紙~画家は、なぜ戦争を描いたのか」、素晴らしい内容でした。残念なことに冒頭を見逃してしまったので、是非とも東京での再放送を希望します。

    40代  男性

  • 秋本 誠 さん
    『その他』へのコメント

    民教協SP藤田嗣治を見ました。

    今まで、藤田さんは外国で活躍
    された方だと思っていました。
    日本には、戻ってきていないと
    思っていました。

    番組を見て、驚きました。
    日本独自の年号が使われていた事など、
    初めて知りました。

    僕の叔父も、学徒出陣で予科練に行き、
    出撃前に、終戦を迎えました。
    藤田さんと同様に、非難されたそうです。

    これからも、NHK以外でも、同様の
    番組を放送して下さい。

    楽しみにしております。

    40代  男性

  • 志鷹豪次 さん
    『日本!食紀行』へのコメント

    三陸の牡蠣復活拝見。

    遠く大阪から千葉さん、ご家族の奮闘を拝見させて頂きました。
    熱い思いは必ず届いていると信じております。

    小さな牡蠣ですが、命を育み 人の繋がりを築く それは海と牡蠣そして私たちとの絆であると 拝見していて感じました。

    先日 津村節子さんの 三陸の海を拝読しましたが、なんとか津波前の海に少しでも取り戻し、一歩一歩歩んでいこうと津村さんは エールを送られていましたが、千葉さんの姿に何か私たちにもお手伝いを出来ないかと感じています。

    私は小さな新聞を限られた方にだけ 14年間発行していますが、是非千葉さんご家族のことを小さなコラムですが、書かせて頂きます。

    まだまだ苦難苦闘は有りますが、継続は力 ボチボチ焦らず取り組んで頂きますこと お祈りしております。

    千葉さんに大好きな川柳お送りします。
    私が元気を頂いている 三宅一歩さんの川柳から
    足して引き一つ残ればいい人生

    千葉さんには牡蠣がありますよ。
    感謝。 志鷹豪次

    50代  男性