財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

ご意見・ご感想

皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。お寄せ頂いたコメントには全て目を通しておりますが、必ずしも掲載されるものではございませんのでご了承ください。

※記入欄に、性別・年齢・お住まい(都道府県)もあわせてご記入ください(任意)。






 

皆様から寄せられたご意見・ご感想

  • はまち さん
    『その他』へのコメント

    嗣治からの手紙、是非再放送をお願いします。できればもっと視聴しやすい時間に!
    藤田嗣治の回顧展で「アッツ島玉砕」を初めて見たときの衝撃は忘れられません。なぜこれほどの、日本美術史上に残るべき大作が、長い間ほとんど無視され、忘れられてきたのか、不思議でなりませんでした。
    終戦後の社会的・政治的な煽りを受けて、正統な評価を受けずに見過ごされてきた芸術・文芸は他にもまだまだ数多くあるのではないかと思います。
    そのような作品・作家の再評価が進むためにも、まずは藤田嗣治のことを、もっと多くの人に知ってほしいと思います。
    【担当者より】
    貴重なご意見ありがとうございます。
    再放送が決定致しましたらHP上でお知らせいたしますので是非ご覧ください。

    40代  女性

  • カズ さん
    『日本!食紀行』へのコメント

    いつも楽しみに見ています。地域に根ざした日本各地の食文化を取りあげてくれてありがとうございます。私は水産業に従事していますが、周りの漁師にも薦めています。番組が末長く続くことを願っています。

    50代  男性

  • yappi さん
    『学びEye!』へのコメント

    「歴史のまち 会津に息づく伝統の味」を
    観ました。観たのは2回目ですが、本当に
    そのままを伝えており、出身者としては、
    懐かしく、とても感動しました。
    今後も、「福島」、「会津」を取り上げて
    いただけますよう、よろしくお願いいたします。
    【担当者より】
    ありがとうございます。
    「学びEye!」はテレビ神奈川で毎週土曜日 12:00~ 再放送を行っております。是非ご覧ください。

    50代  男性

  • 猫好き さん
    『その他』へのコメント

    「嗣治からの手紙」の再放送を是非ともお願いします。子供と一緒に観て、いろいろ語り合いたいのです。よろしくお願いします。

    【担当者より】
    ありがとうございます。
    決定次第、ご連絡させて頂きます。

    50代  女性

  • カイノスケ さん
    『その他』へのコメント

    「嗣治からの手紙」の再放送の予定はありますか?
    ありましたら、是非、予定を教えて下さい。

    50代  男性

  • 世界中が戦争のない国に!! さん
    『その他』へのコメント

    藤田嗣治、
    まだまだ知らない事が
    沢山あるんだ!!
    目を伏せたい場面もあるが、
    友人が
    とても良かったと
    言っておりました。

    もし、再放送が出来るのなら
    お願いいたします。

    40代  女性

  • ひかげっち さん
    『日本!食紀行』へのコメント

    「黄金のいぶりがっこ」を拝見致しました。私も秋田県人です「県北」冬でも作れる作物を考える事は出来ないのでしょうか?雪を利用し共存出来る農業を。世界は広いし、TPPが始まるなら、海外を(日本の雪国も)視察し学ぶ事はどうでしょうか?私が思うに自分が良ければそれで良いという時ではないのでは?伝えたい事は沢山ありますが、国内外協力し、日本ブランドを世界に発信して下さい。また日本の農業高校や大学では何を教えているか、中高一貫校でも頑張って欲しいと願います。

    40代  男性

  • 体力勝負 さん
    『その他』へのコメント

    2月11日「 藤田嗣治からの手紙 」 
    戦争画を描いた画伯の、戦争への私見を知りたかったので視聴した。描くことに燃焼した画伯の、ある意味ではエゴの部分がわかった。戦後、日本を脱出して安堵した表情が、印象的だった。何よりもナレーターが大沢たかおさんだったので、安心して聴いた。また彼のナレーターで何か特集して欲しい。

    50代  女性

  • 二宮佳景 さん
    『その他』へのコメント

     2月11日放映の「嗣治からの手紙」。制作者側とはおそらく思想的には全く異なる者ですが、この度の番組の制作と放映に、心から敬意を表します。
     これまた制作者側の意図とは全く異なる感想になりますが、藤田嗣治が芸術家として全身全霊をかけて、大東亜戦争に挺身した姿に、心が震えるほどの感動を覚えました。彼は芸術家として、そして一人の日本人として、本気だったのですね。戦後、絵の署名を横文字に変えたエピソードからは、残された戦争画をあくまで「作品」と藤田が考えていたことが分かりました。文学における保田與重郎などもそうですが、戦争に協力したから、戦争に一国民として相対したから、彼らの文章や絵画、彫刻などの作品がすべて駄作であり、批評以前のものなのか。ならば、革命だ反戦だ天皇制廃絶だなどと叫んで、藤田や保田などを罵倒した左翼や進歩的文化人の作品がすべて優れたものであったのか。改めて、戦後の芸術に係る通念を根底から疑ってかからねばと思わされました。やはり戦争画を描いた中村研一への手紙ということで、藤田の率直な思いが手紙に書かれていたのも大変興味深いことでした。
     制作者側には全く面白くない、苦々しいだけの感想でしょうが、放送を拝見して、心からそう思いました。重ねて、この番組の制作者に、衷心より敬意を表します。

    40代  男性

  • もぐもぐ さん
    『その他』へのコメント

    「嗣治からの手紙」を見逃してしまいました。
    どうか、再放送をお願いします。
    もう少し、前から、どこかで、宣伝をしていただけたら、良かったのではないかと、残念です。
    よろしくお願いします。横浜在住

    50代  女性