財団法人 民間放送教育協会

  • 文字サイズ

ご意見・ご感想

皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。お寄せ頂いたコメントには全て目を通しておりますが、必ずしも掲載されるものではございませんのでご了承ください。

※記入欄に、性別・年齢・お住まい(都道府県)もあわせてご記入ください(任意)。






 

皆様から寄せられたご意見・ご感想

  • ちぽりん さん
    『日本!食紀行』へのコメント

    おはようございます。本日、拝見いたしました。仙台喜美晴さんのがんばり、感動いたしました!実はうちの父(77才)も同じ病気にて半身不随となっているので他人事とは思えませんでした。お仕事をなさっている時のいきいきした表情、「生きがいになっている。」という言葉、すばらしかったです。見習いたいと思いました。これからもどうぞ、お身体に気を付けて頑張って下さい!!「ワンデイシェフの店」のオーナーの奥様も応援してます!!

    40代  女性

  • ちえばば さん

    鯛寿司を移動販売するお母さん
    お仕事を生かされ、地域の高齢者の皆さんの安心安全に尽くされている姿に、なによりの春の心を感じました。
    ますます高齢社会は進みます。「人を慈しむ心」をプラスアルファしたいろいろな職種の方たちと地域の住人の見守り力の更なる必要性を強く感じました。
    「一日でも長く住み慣れた家で暮らしたい」という高齢者の方々の希望実現にむけての光をみました。

    性別 女 住まい 大阪府

  • SUKIYAKI さん

    録画しておいた「キ・ボ・ウ」を昨夜見ました。時折ニュースで見かける飯舘村の実態が少しだけ垣間見れたような気がします。幼少から住んでいた自分の故郷を強制的に離れるとはいったいどんなことなのだろうと深く考えさせられました。と同時に飯舘村の人々のその辛い思いを、東京のど真ん中でぬくぬくと過ごすこの国の政治家(政治屋?)の方々は多分理解できないであろうと思った。国会議事堂を職場とされている方々にこそこの「キ・ボ・ウ」は見てもらいたいと強く思った次第です。
    飯館村、最高の村ですね。
    男性 51歳 愛知県在住

  • norifan さん

    「キ・ボ・ウ」放映後に知り残念で悔やむ。もっと前宣伝して欲しかった。休日の午前中はTVに向かう時間として難しい。夜ゆっくりみたい番組だ。その後の福島の状況を全国民に知って貰いたい筈。飯舘村はこころの故郷、これからずーっと見守って行きたいと思う、日本人の良心として。必ず再放送すべき。その日時をメール連絡頂ければ非常に有難い。
    男性、66歳 栃木県在住

    【担当者より】
    ありがとうございます。
    決定次第、ご連絡させて頂きます。

  • アース さん

    埼玉県在住、71歳、男性です。
    「キ・ボ・ウ」を見られず、残念です。ぜひ再放送していたくよう、お願いします。
     再放送の際は、ぜひメールで知らせてください。

    【担当者より】
    ありがとうございます。
    決定次第、ご連絡させて頂きます。

  • ときわ花ちゃん さん

     村長さんをはじめ、多くの方々のご苦労が身にしみてよくわかります。飯館村に帰りたくても帰れない多くの人々のことを考えると、心が痛みます。
     失ったものを取り戻すことをあきらめない、飯館村に笑顔の戻る日を祈っています。
                    
    花島清子 主婦 72歳 東京都

  • 匿名 さん

    本日放送の キ・ボ・ウ ~全村避難 福島県飯舘村二年の記録~気づくのが遅れて見ることが出来ませんでした。
    山口県下関で視聴できる再放送の可能性はありませんでしょうか。


    【担当者より】
    ありがとうございます。
    現在、再放送の予定はまだたっておりませんが、決定しましたら、当協会のHPにて告知致します。宜しくお願い致します。

  • ときわ花ちゃん さん

     飯館は美しい村でした。この言葉が心に響きました。思うように除染もできず、「まげねえぞ(負けないぞ)おらが村」2年で村に帰る「キ・ボ・ウ」を持って生活している姿に、胸が締め付けられる思いです。
     一人ではできないことも、誰かが助けてくれれば、前に進むとの言葉が忘れられません。
     一日も早く春が来ることを願っています。

    花島清子 女 72歳 東京都

  • あっこ さん

    涙があふれました。ありがとうごさいます。
    私は飯舘村生まれの飯舘育ち。46歳です。
    今までいろんなタイミングで飯舘村を離れる機会
    がありました。就職する時、結婚すり時、夫が亡くなった時、子供が成長した時など、でも飯舘で生きてきました。大切な故郷です。今は戻るかどうか結論は出せません。でも飯舘に生まれ育ち大切に思う気持ちは今も昔も同じです。ダラダラな文になって申し訳ありませんが、最後に最初は村長を非難する事だけでした。でもある時村長の話を聴く機会があり、考えも変わりました。本当に本当にご苦労様です。

  • @東京 さん

    福島で被害にあった村のこれまでの経緯、現状を知ることができて非常に良い番組でした。
    音楽やナレーションがもうちょっと(感傷的でなく)淡々としていればよかった、とも思いますが、実際にそうしてみたら冷酷で無機質すぎるかもしれないので、被災地の方たちの苦労をしのび共感する人を増やして少しでも向こうの方々の力になれる機運を呼び起こすには、これが適切かもとも思います。
    できれば祝日午前や夕方でなく祝日のゴールデンタイムに、とも思いますが、それが無理な限りはこの時間帯がベストかもですね。(正直に言うと、今朝の朝刊の記事で紹介されなければ気付きませんでした。宣伝がもっとあれば。)
    できれば、毎年この日に定点的に続編を流して欲しいです。
    飯館村のその後が気になりますし、番組でも触れられていたように福島への共感や痛みは日本全国で共有していくべきだと思います。
    頑張って良い質の番組をこれからも送り続けてください!
    村長さんも応援してます。