#10 世界遺産の町から~幸せを運ぶ義肢装具士~

2015年6月21日(日)(テレビ朝日放送) 日本海テレビジョン放送制作  協力 文部科学省/独立行政法人 中小企業基盤整備機構

chikara10-4.jpg島根県中部に位置する大田市大森町。およそ400人が暮らす小さな町です。この町にあるのが、世界遺産・石見銀山。江戸時代前期、日本最大の産出量を誇り、ここで使われていた精錬技術が全国へ伝わり、銀の産出に大きな貢献を果たしたと言われています。

chikara10-2.jpgそんな銀山のお膝元にあるのが、日本有数の義肢装具メーカー、「中村ブレイス株式会社」です。義手・義足といった義肢から、コルセットや保護帽などの装具まで、社員75名で、およそ200種類の医療用具を独自に研究開発している企業です。
中村ブレイスの躍進のきっかけは、世界で初めて、シリコーンを用いて医療用具を作ったこと。さらに、メディカルアートと呼ばれる、独創的な製品を開発しています。本物そっくりの人工乳房や手、
鼻、耳など、皮膚の色むらやしわなど、シリコーンを使い、精巧な質感を再現した製品です。

chikara10-3.jpgこの春、新しい挑戦を始めました。来年ブラジルで開催されるパラリンピックを目指す、若きアスリートの練習を支える義肢装具の開発です。高い技術を誇る中村ブレイスの職人たちの奮闘、そして、彼らの義肢装具で、人々を幸せにしていく、その様子に密着しました。

編集後記

ディレクター:濱吉寛匡(日本海テレビ)

中村ブレイス株式会社のある島根県大田市大森町は、陸路・空路・海路、全てにおいて、不便な立地にあるにも関わらず、日本有数の義肢装具メーカーにまでなった会社です。毎回、ロケに行くのも、車で4時間近くかかる、山間の小さな町にある会社がなぜここまでの企業に成長したのか、まずはその疑問から始まりました。
取材を進めていくうちに思ったのは、中村社長の先見の明と、社是である「Think」。とにかく社長は未来を読む力に長けていて、そのアイデアを社員一人一人が、知恵を絞って製品を開発していく、そうすることで、こういう地方にあっても、世界に進出できる企業にすることができたんだと感じました。この春、挑戦したのも、アスリート用の義手制作。これもまた世界初の義肢装具になりました。

今回の取材で一番印象に残ったのは、協力して頂いた顧客の皆さんがみんないい笑顔をされていたこと。私が癒やされるほど、満面の笑顔で皆さん、対応して頂き、感謝しています。その笑顔を作ったのは、間違いなく中村ブレイスの義肢装具です。彼がいかに、人々に幸せを運んでいるのか、伝われば幸いです。

番組情報

◆中村ブレイス株式会社
【住 所】島根県大田市大森町132
【電 話】0854-89-0231

ご意見・ご感想

皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。お寄せ頂いたコメントには全て目を通しておりますが、必ずしも掲載されるものではございませんのでご了承ください。
※記入欄に、性別・年齢・お住まい(都道府県)もあわせてご記入ください(任意)。