第33回 想画と綴り方 ~戦争が奪った 子どもたちの"心"〜

2019年2月9日(土)10:30~11:25 (テレビ朝日 放送) 山形放送制作

タイトル

番組イメージ

見出し1

農村が窮乏にあえぎ、娘の身売りが相次いでいた昭和初期、山形県の小学校で生活を見つめ表現する教育が行われていた。「想画」と呼ばれる生活画と「生活つづり方」と呼ばれる詩や作文が、山形県の小学校にたくさん残されている。その教育は村人の共感にも支えられていた。

番組イメージ

見出し2

生活のありのままを見つめる教育を進めた青年教師、国分一太郎は、児童の一人一人に言を贈り、家族を助けて働き、たくましく生き抜くことを教えた。いま、90歳を超えた教え子たち。その胸に教えは刻まれていた。

番組イメージ

しかし国分の教育は「治安維持法」に触れるとされ、2年近くに及ぶ厳しい追及の末、有罪に。同じ時期、東北・北海道で大勢の小学教師が罪に問われていた。

見出し3

alt=国分を検挙し取り調べた特高係(特別高等警察官)は、若き日、白樺派に魅せられ、山形の社会運動のリーダーだった人物。その人、砂田周蔵は、満州での兵役後、特高に転身するという特異な経歴の持ち主だった。理想を覆し、なぜ弾圧する側に回ったのか、心の内を追う。

見出し4

国分は、戦後の生活つづり方運動が「戦後民主教育の金字塔」と脚光を浴びた頃、「北に向いし枝なりき 花咲くことは遅かりき」としたためた。後年それにつづけてこう書いた。

番組イメージ

国分が教壇を追われ80年、社会をしっかり見つめ表現する力は子どもたちに備わっているだろうか。そしてその教育は・・・。

見出し5

余 貴美子

alt=

女優。神奈川県出身。
劇団活動を経て、映画・TVドラマへと活動の場を広げる。
08年、第63回毎日映画コンクール田中絹代賞受賞。
また同年「おくりびと」、09年「ディア・ドクター」、
12年「あなたへ」で、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を三度受賞するなど受賞歴も多い。

2019年度 JCJ賞を受賞しました
2019年日本民間放送連盟賞 最優秀賞 を受賞しました

ご意見・ご感想

皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。お寄せ頂いたコメントには全て目を通しておりますが、必ずしも掲載されるものではございませんのでご了承ください。
※記入欄に、性別・年齢・お住まい(都道府県)もあわせてご記入ください(任意)。