#77 冬の味覚 フグを極める ~本場・下関 幸せを呼ぶフク文化~

2012年12月9日(日)(テレビ朝日 放送) 山口放送制作  協力 文部科学省

いよいよ旬を迎える、冬の味覚・フグ。
山口県下関市は、全国からフグが集まり、そして全国へフグを送り出す、フグの本場です。そこには、フグ食文化を支える人々、フグを極めた人々がいます。
フグ刺しで 菊や鶴をモチーフにした見事な細工盛りを作り上げる料理人たち。フグの善し悪しを見定める”目利き力”を培ってきた仲買人たち。そんな、フグに人生を賭ける人たちに迫ります。そして・・・本場ならではの家庭の味も紹介。
下関の人たちは、幸福につながることから「フグ」を「フク」と呼びます。食べると思わず笑顔になる…幸せを呼ぶフク食文化の今を下関からお届けします。


◇ディレクター:田村 康夫(山口放送)◇
下関といえばフグ、フグといえば下関。そんな下関のフグを支える多くの人たちに出会えた今回の取材。本場の意地と誇りをひしひしと感じました。
フグを食べ慣れていらっしゃるのか、フグとの接点がやはり多いのか、下関のまちの人たちもまた、フグへの思い入れはひとしお!「フグはどうやって獲るか知ってる?」「わたしら小さい頃は今ほどフグも高級じゃなくてね…」「うちの父親は、フグを食べた日は、残ったヒレを洗っては窓ガラスにぺたぺた貼り付けて乾かしてましたね」・・・フグの話になるといろんな話題が次から次へと飛び出します。やっぱりフグのまち。誇りと愛着が、これからもフグの本場を支えていくのだろうなと実感しました。

manabi77-6.jpg

◆番組でご紹介した情報◆

77toiawase-1.jpg

■古串屋
【HP】 ホームページ

ご意見・ご感想

皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。
お寄せ頂いたコメントには全て目を通しておりますが、
必ずしも掲載されるものではございませんのでご了承ください。

(なお、企画提案、商品宣伝、イベント告知等に関する投稿は
固くお断り申し上げます)

※ 記入欄に、性別・年齢・お住まい(都道府県)もご記入ください(任意)。