#300 “いかさま手品師”全力疾走 ~笑う食堂(かど)に福来たれ~

2022年05月21日(土)05:20~05:50 (テレビ朝日 放送) 秋田放送制作 協力/文部科学省 総務省 中小機構 JAグループ

 舞台は秋田県美郷町にある小さな食堂。営んでいるのは、自称“いかさま手品師”ブラボー中谷さんと、妻・張美さん。ブラボーさんは、ギャグと手品を組み合わせて、観る人の笑いをとる芸が得意。これまで国内外でショーを開いてきました。

しかし、新型コロナの影響でショーが激減。そこで、生まれ育った故郷の人たちに気軽に手品を見に来てもらおうと、妻の張美さんと一緒に食堂を開きました。張美さんが調理を担当、ブラボーさんは配膳や皿洗いのほか、訪れた人に手品を披露しています。とはいえ、食堂経営は初心者。経営はなかなか軌道にのりません。

さらにブラボーさんは腎臓の病気にかかり、2021年から2日に1回、人工透析を受けることに。この先、たとえ新型コロナが収束したとしても、遠くに出向いて自慢の“いかさま手品”を見せることは難しくなりました。

大きな壁にぶつかったふたりですが、いつも笑顔。そしてブラボーさんは笑いをとることにこだわり続けています。もともとは電子機器工場に勤めていたブラボーさん。29歳の時、人生観が大きく変わる出来事を体験し、手品師を志すようになります。

夫婦で、そして常連客と支え合い、たとえ人生設計が大きく変わっても笑顔で希望を持って暮らしていくふたりの日々を見つめます。

ご意見・ご感想

皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。
お寄せ頂いたコメントには全て目を通しておりますが、
必ずしも掲載されるものではございませんのでご了承ください。

(なお、企画提案、商品宣伝、イベント告知等に関する投稿は
固くお断り申し上げます)

※ 記入欄に、性別・年齢・お住まい(都道府県)もご記入ください(任意)。